株式会社理研オプテック > トピックス > 「MF-Tokyo 2015」 の見どころ① ~生産性が飛躍的に向上するレーザー式安全装置~

トピックス

「MF-Tokyo 2015」 の見どころ① ~生産性が飛躍的に向上するレーザー式安全装置~

7月15日(水)から18日(土)まで東京ビックサイトで開催される「MF-Tokyo 2015」にて、当社ブースでの見どころをご紹介します。(出展のご案内はこちら

「プレスブレーキ用レーザ式安全装置AKAS-3PF」

安全性だけではなく作業性も追及したプレスブレーキ用レーザ式安全装置AKAS-3PF。
なぜ安全なのか、なぜ生産性が高いのか、展示会場の実機でお客さまご自身がご体感ください。
新開発のスライド位置確認出力装置との併用により、すでにお持ちの既存プレス機械にも装着が可能です。

AKAS-3PFの特徴

1)高い生産性を生み出す高速下降
スライド高速加工エリアを材料間最小0mmまで詰められます。


2)生産性と安全性の両立をもたらす光軸自動調整機能
金型交換後の投受光器位置調整はサーボ機構による自動調整機能により段取り時間を短縮させます。
また自動調整のため、人的ミスを回避でき大変安全です。


3)幅広い汎用性をお約束するスライド位置確認出力装置
スライド位置確認出力装置によるプレススライド情報の管理、監視が可能。既存プレス機械への装着が可能です。


もどる

プレス安全装置・ 周辺機器

製品リスト

ミス検出装置

荷重監視装置

プレスブレーキ用
レーザー式安全装置

安全知識の広場

お問合せください