中国語|理研OPTECH > (解説)レーザ光の安全基準の考え方

目・顔の保護具 製品リスト レーザ用

レーザ光の安全基準の考え方

レーザから放出されたレーザ光は、たとえ小さな放射量であってもエネルギー密度が高く、人体に有害となる場合があります。わが国では、レーザ製品によって使用者に障害が発生することを防止する目的で、IEC(国際電気標準会議)の基準をもとに日本工業規格「レーザ製品の放射安全基準」JIS C 6802 が規定されています。JIS C 6802 ではレーザ製品をその危険度に応じてクラス分けし各クラスごとに必要とする安全対策を規定しています。

JIS C 6802(レーザ製品のクラス分け)

クラス 危険評価の概要
Class 1 通常の操作条件(合理的に予見可能な操作条件)の下で、安全なレーザとみなされています。
Class 1M 波長範囲302.5~4.000nmのレーザ光で、光学機器を用いて直接レーザ光を観察することは潜在的に危険であるとみなされています。レーザの放射レベルはClass1と同じ基準です。
Class 2 波長範囲400~700nmのレーザ光で、通常の目の嫌悪反応(瞬き)により十分目の保護がなされる可視レーザ光が分類されるクラスです。
Class 2M 波長範囲400~700nmのレーザ光で、Class2と同様、通常の目の嫌悪反応(瞬き)により十分目の保護がなされる可視レーザ光が分類されるクラスです。ただし、光学機器を用いて直接レーザ光を観察することは潜在的に危険とみなされています。
Class 3R 302.5nm~106 nmの波長範囲のレーザ光で、直接ビームを見ることが潜在的に危険とみなされています。
Class 3B 直接レーザ光を見ること自体が常に危険であるとみなされています。ただし、拡散反射光に関しては通常安全であるとみなされています。
Class 4 一時的であっても、直接ビーム光を皮膚や目にさらすことが危険と見なされているのではなく、拡散反射光であっても、皮膚や目に障害をもたらすとみなされている。火災を引き起こす原因ともなると考えられています。

レーザ用保護レンズ/フィルタの必要光学濃度(O.D)は、目を保護するためのMPE値(最大許容露光量)を考慮する必要があります。安全な必要光学濃度は、そのレーザの種類・波長・出力・発振形態・作業時間によって変化します。

※MPE値(最大許容露光量):通常の環境のもとで、人体に照射しても有害な影響を与えることがないレーザ放射レベルの最大値。

产品

误送料检测装置

吨位仪

折弯机用激光式安全保护装置

下死点检测装置

Contact us

产品

误送料检测装置

吨位仪

折弯机用激光式安全保护装置

下死点检测装置

Contact us