株式会社理研オプテック > プレス安全装置・プレスブレーキ用レーザー式安全装置・プレス検出装置 > RBS3型

プレス安全装置と周辺機器 安全装置

制御機能付き光線式プレス安全装置

RBS3型

厚生労働省型式検定NO.TA589, TA590号

安全性と生産性の飛躍的向上が実現
新構造規格に対応した新しいPSDI型安全装置が誕生しました



これまで安全装置は、安全性は十分に向上しますが必ずしも生産性には比例しないと思われてきました。
RBS3型は光線式によるプレス起動システムを搭載、押しボタンスイッチを操作せずにプレス作業が行えます。
金型内に材料を設置し手を安全領域に戻すだけでスライドが起動するため、生産性は飛躍的に向上します。
スライド下降中に光線遮光を認知するとスライドはすぐに停止し作業者の安全を確保します。
2013年に改訂された構造規格を満足する新しいPSDI式制御機能付き光線式安全装置です。

PSDI 式の動作

製品の特長

  • 誤操作制御機能で作業者の安全を守ります
    2台のライトセンサーを併用することにより、手や腕がB光軸センサー範囲以外や誤った方向から出入りした場合、スライドは起動しません。進入時はA光軸→B光軸の順に遮光した場合のみ起動するので誤操作を防ぎます。
    *既存の安全装置が設置されている場合、そのライトセンサーはB光軸用センサーとしてご使用が可能です。
  • ダブルCPU相互監視による高度な安全設計
  • 部品故障などによる不意な起動を防止します。
  • 両手押しボタン作業も可能
  • 切替スイッチにより従来の安全装置と同様の使用方法も可能です。
  • 0.3秒以上遮光しないとプレス起動しない安心設計
  • 異物飛来によるプレス誤操作を防ぎます。
  • 誤動作と空打ちを防止
  • 光電センサーによる材料位置確認により、金型の破損を防ぎます。(*オプション仕様になります。)
  • 振り子運動に対応
  • サイクル運転だけではなく、サーボ機械の振り子運転など多様な運転モードでPSDI動作が可能です。(一部条件付きでの使用可能になります。詳しくは弊社営業部までお問い合わせ下さい。)


使用可能なプレス機械

  • プレス機械の構造規格に適合するもの
  • 急停止機構、再起動防止を搭載し光線式安全装置が適用できるもの
  • ボルスタ面の高さ : 床面より750mm以上
  • ボルスタの奥行  : 1,000mm以下
  • ストロークの長さ  : 600mm以下
  • オーバーラン監視装置設定角: 15°以内


仕様

    RBS3型  
入力電圧 AC90~240V
消費電力 31.2W
出力接点 2A
出力接点容量 AC250V 3A
起動出力 1A, 1B
起動出力接点容量 AC250V 3A

«

»

プレス安全装置・ 周辺機器

製品リスト

ミス検出装置

荷重監視装置

プレスブレーキ用
レーザー式安全装置

安全知識の広場

お問合せください