株式会社理研オプテック > プレス安全装置・プレスブレーキ用レーザー式安全装置・プレス検出装置 > ストップタイム測定装置SMD3型

プレス安全装置と周辺機器 安全装置

ストップタイム測定装置

SDM3型

プレス機械の診断、特定自主検査に必要不可欠な検査機器です。マグネットセンサを採用することにより
非接触式測定を実現しました。



製品の特長

  • プレス機械の急停止時間、慣性下降値、スライド(ラム)の移動速度を測定できます。
  • 非接触型測定方式を採用。測定する対象機械を選びません。(タレットパンチプレスも測定可能です。)
  • 慣性下降値が小さい機械でも測定可能です。
  • 測定位置を自動で認識、測定を開始します。(ストローク長さ340mm以内)
  • 軽量、コンパクト設計、3種類のセンサをご用意しています。


仕様

型式 SDM3型
電源 AC100±10%
使用温度 0~60℃
出力接点 2A 1B
消費電力 20W
測定可能な回転数 600spm以内
測定可能な機械 ストローク長さに関係なく、すべり量が300mm以内
LE3-100センサ 90mm
LE3-200センサ 180mm
LE3-340センサ 300mm

«

»

プレス安全装置・ 周辺機器

製品リスト

ミス検出装置

荷重監視装置

プレスブレーキ用
レーザー式安全装置

安全知識の広場

お問合せください