株式会社理研オプテック > 沿革

会社案内

沿革

昭和25年 1950年 創業者 三須倉太郎が東京都港区高輪に理研レンズ工業株式会社を設立
保護めがね遮光用ウルトラジンレンズおよびフィルタの製造開始
昭和28年 1953年 遮光レンズ「solida」の開発に成功、国内で最初の遮光レンズのJIS工場に認定
昭和30年 1955年 大阪営業所を新設
昭和31年 1956年 本社および工場を東京都品川区五反田へ移転
昭和35年 1960年 光線式プレス安全装置SP型を製品開発、労働省認定を取得
昭和37年 1962年 名古屋営業所を新設
昭和41年 1966年 福山営業所(現中四国営業所)を新設
昭和42年 1967年 本社および工場を東京都品川区東大井(現在地)へ移転
昭和47年 1972年 光線式プレス安全装置の労働省検定を取得
熊本、宇都宮に営業所を新設(現九州営業所、北関東営業所)
栃木県宇都宮市に工場を新設
昭和51年 1976年 保護めがねのJIS工場に認定
昭和52年 1977年 労働安全衛生法の一部改訂に伴うプレス安全装置構造規格制度の制定に合わせ、光線式安全装置の国家型式検定を取得、販売を開始
昭和56年 1981年 遮光保護具のJIS工場に認定
昭和60年 1985年 社名を「株式会社理研オプテック」に変更
昭和62年 1987年 レーザ用保護めがねを製品開発
平成 2年 1990年 三須肇が社長に就任
平成 6年 1994年 米国のプレス機械用荷重監視装置メーカーのHelm Instrument社との技術提携により新型荷重監視装置を開発、同社製品の販売を開始
平成14年 2002年 プラスチックレンズのVFコートを製品開発
平成19年 2007年 第一事業部がISO 9001品質マネージメントシステムを認証取得
平成20年 2008年 特機事業部がISO 9001品質マネージメントシステムを認証取得
平成23年 2011年 労働安全衛生法の一部改訂に伴うプレス安全装置構造規格の変更に合わせ、プレスブレーキ用レーザー式安全装置および光線式安全装置の国家型式検定を取得、販売を開始
ドイツの安全機器メーカーFiessler Elektronik社とプレスブレーキ用レーザー式安全装置の日本総代理店契約を締結
平成25年 2013年 長野県佐久市に長野事業所を新設
特機事業部製造部技術開発課を長野事業所へ移転
平成26年 2014年 特機事業部製造部生産管理課および品質保証課を長野事業所へ移転
平成27年 2015年 防曇力をさらに増したVF-Pレンズを製品開発
平成29年 2017年 三須麻衣子が社長に就任

プレス安全装置・ 周辺機器

製品リスト

ミス検出装置

荷重監視装置

プレスブレーキ用
レーザー式安全装置

安全知識の広場

お問合せください