理研オプテック

安全コラム

理研オプテックの安全装置について~RPZ型とRPX型の選び方~

当社の光線式安全装置にはRPZ型とRPX型の2種類があります。
ご用途に合わせてお選び下さい。

安全装置をシンプルに使いたい場合

RPZ型を推奨します。
RPZ型はコストパフォーマンスに優れ、国際規格と新構造規格の両方に合致しています。シンプルな機能をお求めの方にはRPZ型をおすすめします。

様々なシーンで使いたい場合

RPX型を推奨します。
拡張性に優れたハイスペックなRPX型は、以下のような場面での使用に効力抜群です。

フローティング機能(2光軸遮光仕様)

材料を手で支えて加工する場合

材料で1光軸を遮光しても停止出力されません
任意の2光軸を遮光した場合に、停止出力します
材料を手で保持して行う加工時の安全装置として有効です

ブランキング機能(RPX-BP型仕様)

加工物の送給、排出のための送給装置又は突出した下型等を備えたプレス機械において、規格に記載されている条件の範囲で光軸の無効化が認められました。(プレス機械またはシャーの安全装置構造規格第20条の2)

ご質問、ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。