理研オプテック

安全装置カタログ一覧

プレス安全装置

光線式安全装置RPX

最高水準の光センサーでプレス災害を未然防止

製品の特徴

複数ブランキング機能付き(任意光軸無効設定)検定合格品、フローティング機能など多彩な機能であらゆる現場に対応可能

安全性と作業効率の向上を徹底的に追求し、国際基準に準拠した設計とスペックを実現しました。様々な作業内容にフレキシブルに対応し、作業効率の大幅な向上を可能にした光線式プレス安全装置です。
理研オプテックの最高水準の光センサーをご体感下さい。

ブランキング機能、フローティング機能による作業効率の向上と安全性の確保

センサ監視領域内で静止している障害物(装置や材料など)や、加工後の製品など監視領域内を移動する 障害物がある場合、任意光軸無効機能(ブランキング機能、フローティング機能)を使用することで、 安全性を損なうことなくプレス作業を行うことができます。

機能について

フローティングブランキング機能

通常センサは、1光軸でも遮光されると停止信号を出力しプレスを停止させますが、この機能は複数の光軸を遮光した場合にのみ停止信号を出力します。
監視領域内で移動する障害物がある場合に有効な機能です。

フィックスブランキング機能

静止している障害物(装置や材料など)で特定の光軸が常時遮光される場合、遮光されている光軸監視をブランキング設定(任意無効化)することで、安全性を損なうことなく効率的なプレス作業が可能となります。

※本機能の使用には、専用のコントローラーが必要です。(オプション機能となります)

フィックス+フローティング ブランキング機能

フィックスブランキング機能に加え2光軸遮光(フローティング)ブランキング機能を混在使用が可能となりました。
障害物(設備の一部や材料、加工物)によって複数のエリアが遮光される場合に、2種のブランキング設定を併用して該当する複数のエリア光軸を無効にすることで安全性を損なうことなく効率的なプレス作業が可能となります。

3つのモード

1. 固定ブランキングモード

複数の遮光エリアをブランキングエリアとして設定可能(最大5エリアまで)

2. 許容光軸付き固定ブランキングモード

固定ブランキング設定エリアの上下±1光軸分まで監視エリアを移動することが可能となります。
※許容光軸機能時

  • 材料や加工物の通過物
  • プレス振動による搬送装置やコンベアなど

上記のような場合でも、許容光軸範囲内の遮光であれば支障無く作業を続けることが可能です。

固定ブランキング + 2光軸遮光(フローティング)モード

センサ監視エリア内に設備の一部や加工物がある場合、該当するエリア光軸をブランキング設定することにより、安全な作業が可能です。固定部分だけでなく、可動する部分がある場合も対応できます。

 

ここがスゴイ!

専用コントロールボックスのLED表示で監視エリア、ブランキングエリアを可視化

ブランキング専用コントロールボックスの前面パネル部にはセンサ全光軸の状態を表示。
エリアのどの部分がブランキング設定されているかが一目で把握することが出来ます。

各モード設定も内部キースイッチの操作だけで簡単!

ブランキング専用コントロールボックス内部にある、設定キースイッチを操作するだけで簡単にブランキング設定を行うことが可能です。煩わしい設定作業は一切必要ありません。

※ブランキング設定用キーについては、プレス作業主任者等、管理者による管理をお願いいたします。

3種類のブランキング機能で安全で効率的な作業が可能

  • 固定ブランキング機能
  • 許容光軸付固定ブランキング機能
  • ブランキング機能+フローティング機能の併用防護
    ※モードの設定はコントロールボックスで簡単に設定切り替えが可能です。

プレスブレーキ用安全対策としてもご使用いただけます

製品生産における干渉物の影響を受けません。

  • 材料供給装置
  • ロボットなどの取り出し装置
  • コンベアなどの排出装置
  • 排出材料やスクラップ用シューターなど

その他

製品の特長

  • 最高水準の安全性 受光器に搭載された2つのCPUによる相互チェックと信号処理回路、および出力回路の二重化によるフェールセーフ設計により、最高水準の安全性を実現しています。
    ※国際規格IEC61496-1/2 および北米規格 UL61496-1/2適合
  • バイパス機能・フローテイング機能を搭載
    (一部機能はオプションのコントローラーが別途必要)
  • 豊富なラインアップにより多様な使用環境・作業環境に対応
  • 設置環境や機械の種類、または作業内容などに応じて最適なセーフティライトカーテンの選定や設置が可能です。
  • ひと目でわかる受光レベル表示とエラー表示
  • LEDインジケータを搭載。光軸調整も簡単に行えます。
  • 振動の影響を大幅に低減する取付金具を採用
  • RPXの相互干渉防止機能を搭載

安全装置選定基準(防護範囲)

  • メカプレス:(ダイハイト+ストローク長さ)以上
  • 液圧プレス:(デーライト全域)以上
    ※ただし、設置状況により必要な防護範囲が変わります
  • 設置した時の最上位光軸高さが床面から1400mm以下の場合
    →(ダイハイト+ストローク長さ+不足長さ)以上
  • 設置した時の最上位光軸高さが床面から1700mmを超える場合→(ダイハイト+ストローク長さ-超過長さ)以上
    ※最下位光軸位置はボルスタ上面位置とする

仕様

  • 標準仕様414シリーズ/425シリーズ
  • フローティング仕様414シリーズ
  • フローティング仕様425シリーズ

標準仕様 414シリーズ/425シリーズ

RPX414-□□□X4
RPX414-□□□X2
RPX425-□□□X4
RPX425-□□□X2
光軸数 26~234 13~125
防護高さ 225~2097mm 240~2480mm
光軸ピッチ 9mm 20mm
連続遮光幅
(最少検出物体MOS)
14mm 25mm

フローティング仕様 414シリーズ

RPX414-□□□X4FL1
RPX414-□□□X2FL1
RPX414-□□□X4FL2
RPX414-□□□X2FL2
RPX414-□□□X4FL3
RPX414-□□□X2FL3
光軸数 26~234 26~234 26~234
防護高さ 207~2079mm 189~2061mm 171~2043mm
光軸ピッチ 9mm 9mm 9mm
連続遮光幅
(最少検出物体MOS)
23mm 32mm 41mm

フローティング仕様 425シリーズ

RPX425-□□□X4FL1
RPX425-□□□X2FL1
光軸数 13 ~ 125
防護高さ 150~1755mm
光軸ピッチ 20mm
連続遮光幅
(最少検出物体MOS)
45mm

共通仕様

検出距離 X4タイプ:0.2~9m(防護高さ1620mm以下)、0.2~7m(防護高さ:1640mm以上)
X2タイプ:0.2~4m
応答時間 ON→OFF:10~27.5ms以下、OFF→ON:40~110ms以下
*コントロールボックス接続の場合:ON→OFF:20~37.5ms以下、OFF→ON:60~130ms以下
入力電圧 AC90~240V(コントロールボックス使用時)
(センサのみの電源:DC24V±20%)
消費電力 投光器:76mA~165mA、 受光器:68mA~142mA
(コントロールボックス内部電源容量: CB6-S:16.8W、 CB6-W: 30W)
出力接点(CB6) 2A, 1B 接点容量: AC250V 3A
キースイッチ出力接点(CB6) 1A, 2B 接点容量:AC220V 0.7A(誘導負荷)、 1.0A(抵抗負荷)
光源 赤外LED(波長870nm)
有効開口角 X4タイプ:±2.5°以内
X2タイプ:±5°以内(検出距離3m以上のとき)
外部診断機能 テスト入力線(コントロールボックス付はLA端子)9~24V時:投光停止(吸引電力3mA以下)、0~1.5Vまたはオープン時: 通常投光
周囲温度 動作時:-10~55℃(ただし氷結しないこと) / 保存時:-30~70℃
周囲湿度 動作時:35~85%RH(ただし氷結しないこと) / 保存時:35~95%RH
使用周囲照度 白熱ランプ:受光面照度3,000lx以下 / 太陽光:受光面照度10,000lx以下
絶縁抵抗 20MΩ以上(DC500Vメガーにて)
耐電圧 AC1,000V(センサ)、AC1,500V(コントロールボックス)50/60Hz 1分間
保護構造 投受光器:IP65、コントロールボツクス:IP54(IEC60529)
耐振動 誤動作:10~55Hz、 復振幅:0.7mm、X,Y,Z各方向: 20掃引
耐衝撃 誤動作:100/S2、[10G]、X,Y,Z各方向 1000回
適合規格(センサのみ) X2タイプ:IEC61496-1タイプ2 ESPE及びIEC61496-2タイプ2 AOPD IEC61508-1~-7(SIL1)、ISO13849-1:2006 Cat.2 PLc
X4タイプ:IEC61496-1タイプ4 ESPE及びIEC61496-2タイプ4 AOPD IEC61508-1~-7(SIL3)、ISO13849-1:2006 Cat.4 Ple

導入についてのお問い合わせ

導入についてお気軽にお問い合わせください。「導入の流れ」もご覧ください。